White Horse Theatre の学校などにおける上演までの手順

1.お問い合わせメールをお送りください。宛先(whitehorse3tokyo@world.ocn.ne.jp)
ご質問にお答えいたします。まだ、資料は準備中です。一般的なお知らせは行えます。
2.お申し込み申し込みページに日時・演目・場所などのご希望をお書きの上 pdf でお送りくださるか、
必要事項をメールでお送りください。
金額はお問い合わせください
詳細はご相談の上調整いたします。
3.資料のご送付詳細が決まりましたら、台本、俳優のプロフィール、あらすじなどをお送りします。お申込みの方には学習の手引書をお送りいたします。
4.契約書と地図契約書を取り交わします。学校・上演場所へ行くための分かりやすい地図、見取り図を必ずご送付ください。(なるべく契約書と一緒に)
5.事前学習台本をご送付いたしておりますので予習にお役立てください。学校様と事務所側の時間が合えば日本人スタッフが予習のお手伝いをいたすことも考えております。
6.上演1週間前頃お伺いする時間や予定をお送りいたします。
7.上演当日開演1時間15分ほど前に到着。舞台の道具を搬入し、設営、軽い準備をいたします。原則としてリハーサルは必要としません
8.上演後交流として20分程の質問時間を設けることができます。次の公演地にすぐ行く場合など、時間の都合で割愛する場合もございます。
9.お支払い当日観劇された生徒さんの確定人数を契約書にご記入の上こちらに直接またはファックスでお知らせください。ご請求書をお送りいたします。後ほど上演費(税込み)をお振込みいただきます。
10後日先生や生徒さんから、ご感想をいただければありがたいことです。今後に役立てたいと思います。
 

学校・教育現場での公演については

場所◎学校の講堂、体育館、など約 6m x 6m のスペースを舞台として上演できます。
◎フラットな舞台でもかまいませんが少し高さがある方が見やすいです。
◎お申し込みが学校でない場合:多目的ホールなどをご準備ください。
準備して
いただきたいもの
◎舞台裏で荷物などを置くための会議テーブル
◎演じる場所の近くに、着替える場所および、洗顔できるところがあると助かります。舞台のカーテンの後ろでの着替えもできます。
◎マイクは使用しません。
◎幕はあれば利用させてください。なければ構いません。舞台装置としての背景幕(backdrop)を持参いたします。
◎特別な照明も不要です。照明の件で上演当日俳優と簡単な打ち合わせができます。照明を行う場合は俳優の顔が影にならないようにお願いします。
◎観客の座る位置に関してですが俳優1人が舞台から客席後方に移動できる通路を1本ないし2本空けてください。広い幅は必要ありません。当日に打ち合わせできます。

ホワイトホースシアターの公演内容をYoutubeやDVDで類似の劇の一部をご覧になることができます。
どのような劇であるかを見てみたいと思われる場合は是非一般公演にご参加ください。
詳細 

2019年のお申し込み状況(2018年末日現在)少しずつお申し込みが始まっています 今年は台風の影響を少なくするために開始時期を10月からにしたいと考えています。まだ確定しておらず、しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。